ゴミ屋敷

ゴミ屋敷を作らないためには

ゴミ収集車

大量のゴミの山が出来上がり部屋の中を満たしてしまうゴミ屋敷。中には1m以上もゴミが積み上がり、足の踏み場どころか室内に入ることすら出来なくなってしまっているゴミ屋敷も存在しています。しかしこのゴミ屋敷も元は普通の家だったわけで、最初からそれほど酷い惨状だったわけではありません。では、このゴミ屋敷を作らないためにはどうすればいいのでしょうか。
まず、住人のケアをしっかりすることが重要です。ゴミ屋敷は住んでいる人間の怠惰さや精神疾患などが原因で片付けなくなり、それが積もりに積もって出来てしまいます。そこで住人に異常がないか、何かのきっかけでも構いませんので、周囲が気にしてあげることでゴミ屋敷化を防ぐことが出来るのです。
また、原因となってしまう住人側の人間にも出来ることがあります。それは毎日少しずつでもいいので、部屋や家の片付けをしていくことです。少量でもいいのでゴミをまとめ、それを収集場所にしっかりと出すことを習慣づけるのです。その際には「もしかしたらいつか使うかもしれない」というもったいない精神は捨て、バッサリと処分する心構えが重要です。そうしなければものが溜まっていく一方ですし、こういった物は基本的にほとんど使わないものです。ゴミ屋敷は片付けられない状態が長く続いて発生するため、普段から本人や周りの人間が注意するようにしましょう。