ゴミ屋敷

ゴミ屋敷を作りやすい人間とは

ゴミを持っている人形

ゴミ屋敷という言葉を知っていますか。部屋の中やもっと酷いと家の中全てがゴミの山に包まれ、中には天井付近までゴミが積まれ、部屋に入れないどころか庭や道路にまでゴミが出てしまうこともあるのです。ゴミ屋敷のゴミといっても捨てなかったゴミだけでなく、処分出来なかった衣服や生活用品などもその1つです。そういったゴミ屋敷を作り上げてしまう住人は非常に迷惑がられることになりますが、実はゴミ屋敷を作り上げてしまいやすい人間がいるのです。
まず、不規則な生活をしている方がこういったゴミ屋敷を作りやすいと言われています。というのも、ゴミを出す時間がない程働いていたりすると、ゴミはたまっていく一方です。そして散らかった家の片付けが億劫になってしまうと、さらにゴミは溜まっていきます。そうしたことを続けていると、立派なゴミ屋敷が完成してしまうのです。
また、高齢の方もゴミ屋敷を作りやすいと言われています。足腰が弱ってしまい、重い荷物を持つことが出来なくなってしまい、そうすると「部屋を片付ける」「ゴミを捨てる」という行動も中々難しくなり、家の中にゴミがどんどんたまっていってしまうという悪循環になります。このように不規則な生活をしていたり、高齢者は特にゴミ屋敷を作りやすい特徴がありますので、注意しましょう。