ゴミ屋敷

ゴミ屋敷を放置する危険性

ごみ

ゴミ屋敷とは、家庭で出たゴミを収集したりする方が作り上げたり、片付けられないものぐさ精神が酷くなり、物で溢れてしまった家庭のことを指す言葉です。足の踏み場が存在せず、床が見えない程ゴミや荷物が積み上げられているゴミ屋敷を見かけたことはあると思います。それを放置するとどのような危険があるのでしょうか。まず、物が溢れてしまっていることから家庭内での怪我や事故が起こる確率が上がってしまうことが挙げられます。
尖ったものが床に放置され、それを気づかず踏み抜いてしまうことにより、思わぬ大怪我を負ってしまう可能性が考えられます。次に臭いや虫の発生により、近隣住民とのトラブルになる危険性もあります。特に不衛生な環境からゴキブリやダニと言った不快害虫などが発生する可能性が極めて高く、特にトラブルに発展しやすい理由と言えます。また火災などが発生しやすい点も見過ごせません。物が積まれているということは、それだけ燃え移る物が多いということです。
つまり、漏電などが起きてしまえば一気に火が燃え広がり、重篤な事態を引き起こしかねないのです。何より自身が住むのに全く適していない環境となってしまっているゴミ屋敷。しかし人間は慣れてしまうもので、自分だけではその異常性に気づきにくいこともあります。少しでも現状に違和感を感じたり、周囲から苦情や苦言が出た場合はすぐさま環境を客観的に見直し、トラブルや人災を未然に防ぐようにしましょう。